髪 にきび

髪がにきびを悪化させるその原因とは?

髪がにきびを悪化させるその原因とは?

 

髪がにきびを悪化させる原因は、髪の毛の刺激によるものです。髪の毛が常に顔の部分に触れていると、髪の毛の圧迫刺激により、にきびが悪化するのです。髪の毛は常に空気に触れているので、沢山の細菌や汚れが付いています。そんな髪の毛がにきびに触れると、細菌が毛穴に入ってにきびができやすくなります。髪の毛が顔の部分に触れると、髪の毛に付着した細菌や汚れが毛穴に入ります。

 

結果、にきびを発生させたり、悪化させることにつながります。髪の毛に残ったシャンプーやトリートメントが刺激になることもあります。洗髪した際、シャンプーやトリートメントが流し落とされずに、髪の毛に残っていることよくあります。シャンプーやトリートメントは、肌に対する刺激がとても強いものです。そうした状態の髪の毛が肌に触れると、肌を乾燥させることになるので、にきびを悪化させるのです。髪の毛の整髪料が刺激になることもあります。
髪に付けた整髪料は、肌に対して強い刺激になります。髪が触る顔の部分ににきびができている時は、髪が顔に触らないような髪型にしましょう。

 

ニキビの治し方について


ホーム RSS購読 サイトマップ