白にきび

白にきびのケア方法

白にきびのケア方法

白にきびのケア方法は、初期段階のにきびなので、正しい洗顔と保湿で改善できます。洗顔する時は、肌に優しいタイプの洗顔料を使用します。
洗浄力の強い、スクラブの入った洗顔料などは避けましょう。白にきびのケア方法は、薬は使う必要はありません。炎症を起こしているとこまで来ていないからです。白にきびは薬ではなく、にきびケア化粧品で十分です。ただ、できれば保湿効果の高い化粧品を使用しましょう。

 

白にきびをケアする場合、保湿成分がたくさん入った化粧品がおすすめです。初期の白にきびは、白くプツっとした吹き出物が出ます。これをコメドといいますが、白にきびはまだ炎症が起きていない非炎症性皮疹の状態です。まだアクネ菌の本格的な増殖が始まっていない段階なので、この段階できちんと治療しておけば、重症化を防ぐことができます。大人にきびの大半は肌の乾燥が原因なので、ケアとしては保湿が最優先になります。

 

肌のターンオーバーを促進するビタミンCはにきびケアに効果的なのですが、白にきびの段階では、まだそこまで必要ではありません。保湿効果が高い化粧品で、白にきびをケアしましょう。

 

ニキビの原因と対策

 

髪がにきびを悪化させる原因は、髪の毛の刺激によるものです。髪の毛が常に顔の部分に触れていると、髪の毛の圧迫刺激により、にきびが悪化するのです。髪の毛は常に空気に触れているので、沢山の細菌や汚れが付いています。そんな髪の毛がにきびに触れると、細菌が毛穴に入ってにきびができやすくなります。髪の毛が顔の部分に触れると、髪の毛に付着した細菌や汚れが毛穴に入ります。

 

結果、にきびを発生させたり、悪化させることにつながります。髪の毛に残ったシャンプーやトリートメントが刺激になることもあります。洗髪した際、シャンプーやトリートメントが流し落とされずに、髪の毛に残っていることよくあります。シャンプーやトリートメントは、肌に対する刺激がとても強いものです。そうした状態の髪の毛が肌に触れると、肌を乾燥させることになるので、にきびを悪化させるのです。髪の毛の整髪料が刺激になることもあります。
髪に付けた整髪料は、肌に対して強い刺激になります。髪が触る顔の部分ににきびができている時は、髪が顔に触らないような髪型にしましょう。

 

ニキビの治し方について

続きを読む≫ 2015/06/19 13:23:19

ホーム RSS購読 サイトマップ